そしてふたりでワルツを オリジナル小説/漫画/イラスト等を置いています。
TOP  about  小説  漫画  小ネタと裏設定  イラスト



ジュンイチはエゴを押し付ける。




だから彼の台詞って、基本的には「〜〜していい?」じゃない。
「〜〜しよう」「〜〜するよね?」。
選択権があくまで自分にある。




ジュンイチにとって幸せとは




「物質的」と「肉体快楽」と「生活の快適度」が満たされることがそれであり、
だからプリン100個与えようとしたりR-18であんなことになったり
、日常生活でなんでも言うことをきいてやったりするのだろう。
彼は彼なりにカミィを幸せにしようとしている。




マリクとジュンイチ




マリクがジュンイチを動かすばかりの一方通行のように見えるけど、
実はジュンイチも数度マリクを動かしている。

八話の「どうしてきみに約束しないといけないの?」
二二話の「あの子のことが好きなの?」

ストレートな疑問が、マリクに自覚を促している。

ページ上に戻る 小ネタと裏設定に戻る